舞いあがれ!:どうなるIWAKURA 工場と土地を悠人に売却? 「まさかの展開」「兄ちゃん、信じてるで」

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第75回の一場面(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第75回の一場面(C)NHK

 福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第75回が1月19日に放送された。同回では、めぐみ(永作博美さん)が悠人(横山裕さん)に工場売却を打診するかのようなシーンが登場し、視聴者から驚きの声が上がった。

 めぐみは、「工場取り壊して、マンションにせえへんか? 初期投資は俺がする」と提案してくれた悠人の言葉を思い出す。そして、悠人に電話をかけた。

 その後、めぐみは従業員の前で「IWAKURAを売ろうと思てます」と告げる。続けて「ここの土地と工場を売って、そのお金で借金を全て返せます。それだけやなく、残ったお金を運転資金に充てられます。土地と工場を買ってくれた人に、家賃払って、私たちはここで今まで通り、ネジを作り続けるんです」と報告した。

 従業員から「けど、そんな都合のええ買い主おったんですか?」と聞かれると、めぐみは「はい。見つけました。息子です」と悠人にお願いしたことを打ち明ける。

 そして「どうなるIWAKURA」というさだまさしさんのナレーションで、この回の放送はラストを迎えた。

 SNSでは、「まさかのストーリー展開にビックリした」「悠人兄ちゃん、信じてるで」「悠人兄ちゃんがいい投資先と判断してくれたのかな?」「社屋を売って家賃を払う……考えたなあ。ここでお兄ちゃんが投資家になった意味が出てくるのか」といった感想が集まった。

テレビ 最新記事