西岡良仁選手:全豪オープンテニス4回戦進出 自身初の4大大会ベスト16入り 日本人3人目の快挙 「ベスト8目指して頑張りたい」

西岡良仁選手 Getty Images
1 / 2
西岡良仁選手 Getty Images

 テニスの2023シーズンのグランドスラム初戦「全豪オープンテニス」が1月16日に豪メルボルンで開幕。WOWOWで連日生中継・ライブ配信される同大会の男女シングルス本戦に出場している西岡良仁選手が、男子シングルス3回戦で M・マクドナルド選手(米国)にストレート勝ちし、4回戦進出を決めた。4大大会でのベスト16入りは自身初。日本人選手としては、松岡修造さんと錦織圭さんに次ぐ3人目の快挙となった。3回戦勝利直後の西岡選手が意気込みを語った。

ウナギノボリ

 ――初の4回戦進出です。まずは今のお気持ちからお聞かせください。

 思った感じでの進出ではなかったので、正直、喜びにくいという感情が本心です。彼(マクドナルド選手)とは14歳の頃からずっと知っている仲で、何度も対戦しています。彼もファーストセットにチャンスがあったし、お互い勝てると思って臨んでいた試合だった中で、彼がケガでうまくいかなくなってしまったというのは、難しい感情ではありました。僕としては結果が必要なので、勝ちにはもちろんつなげたかったですけど、正直内心ではなんとも言い表せない気持ちでプレーをしていました。初めての4回戦進出でうれしいですし、ある意味次の試合にしっかりと体力も残せたと思うので、ここに関しては正直ラッキーだったとも思います。正直、運はあったかなと思います。

 ――ここまで3戦すべてストレートで勝ちました。戦いぶりはどうですか?

 (3回戦は)1、2回戦とだいぶ違った内容で、めちゃめちゃ硬かったですね。僕がこんなふうになるとは正直思ってなかったです。勝てると踏んでいたチャンスをものにしたいという欲が、すごく試合の中で出てしまっていたのは結構見えていました。ブレークポイントでどうしても打てなかったりという、今までだったら思い切ってできたプレーが本当にできなかったので、正直めちゃくちゃ厳しかったですね。ファーストセットを落としていたらかなり苦しかっただろうと思います。褒められるところとしては(第1セット)最後のタイブレークで2ポイント思い切ったというところ。あそこがやはり最近勝っているところだと思います。次の試合はもう少しアグレッシブにしないと多分難しい試合になってくると思うので、ここはしっかり調整していきたいと思います。

 ――今までの相手はランキング的には格下でした。次は格上です。どんなメンタリティーで臨みますか?

 ( F・ティアフォー選手もK・ハチャノフ選手も)お互い何回か対戦していますし、知っている仲です。どちらが来ても正直僕がディフェンスにまわる回数が増えるというのは目に見えているので、ここからは気合の勝負かなと思っています。彼らが僕を上回っているところはサーブだったりパワーだったりっていうところだと思いますが、十分チャンスはあると思います。正直、彼らはあまり僕と対戦したいとは思っていないと思うので、そこは僕にとってアドバンテージがあると思います。彼らが嫌がるようなプレーをできるか、というところが、試合の勝ち負けを分けるかなと思います。

 ――きょうは会場でもたくさんの日本人が応援してくれました。テレビの向こうでもたくさんの方が日本で応援しています。最後にファンの方にメッセージをお願いします。

 今日はお昼(の試合)だったので、(観戦が)なかなか難しい時間帯だったと思うんですけども、たくさんの応援ありがとうございました。初めての4回戦ということで、ベスト8目指して次の試合も頑張りたいと思うので、ぜひ応援お願いいたします。

 *……WOWOWでは、1月29日まで「全豪オープンテニス」を全日生中継・ライブ配信。WOWOWオンデマンドでは、全コートのライブ配信も実施する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画