どうする家康:戦国大河が本気出してきた 松本潤“元康”のつらい決断 駿府の三河衆が次々…本当の地獄は「これから」

NHK大河ドラマ「どうする家康」第3回場面カット 松平元康(松本潤さん)に攻め落とされる吉良義昭(矢島健一さん) (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「どうする家康」第3回場面カット 松平元康(松本潤さん)に攻め落とされる吉良義昭(矢島健一さん) (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第3回「三河平定戦」が1月22日に放送され、松本さん演じる松平元康(後の家康)のつらい決断が描かれた。

 第3回では、故郷の岡崎へ戻った元康は、打倒・信長(岡田准一さん)を決意するが、弱小の松平軍はまったく歯が立たない。一方、今川氏真(溝端淳平さん)は援軍をよこさず、本多忠勝(山田裕貴さん)らは、織田に寝返るべきだと言い始め、駿府に瀬名(有村架純さん)を残す元康は、今川を裏切れないと悩む。そんな中、伯父の水野信元(寺島進さん)が岡崎城にある人を連れて来る。それは16年前に生き別れた元康の母・於大(松嶋菜々子さん)だった。

 於大は今川と手を切るよう冷たく言い放つが、元康は断固拒否。しかし、その後も松平軍に勝機は見えず、家臣の酒井忠次(大森南朋さん)や石川数正(松重豊さん)からも説得され、元康は今川側の吉良義昭(矢島健一さん)が守る東条城を攻め落とす。元康が織田に「寝返った」と氏真に伝わると、駿府に残った三河衆が次々と処罰され……と展開した。

 SNSでは「戦国大河が本気出してきました」「しんどいな戦国時代…」「戦国の世は残酷だなとつくづく思いやるせなくなる今回のお話」「どうする家康、地獄になってまいりました」「一気にこの世は地獄みが増して歴史物としても人間ドラマとしてもおもろなってきたぞ」「ま、これから本当の地獄が始まるんだから仕方がない」といった感想が書き込まれた。

テレビ 最新記事