罠の戦争:“泰生”白鳥晴都の事件に「上から圧力」 “フードの男”は誰? SNSでさまざま推測

連続ドラマ「罠の戦争」第2話の一場面=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「罠の戦争」第2話の一場面=カンテレ提供

 草なぎ剛さんが主演を務める連続ドラマ「罠(わな)の戦争」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の第2話が1月23日、放送された。国会議員秘書・鷲津亨(草なぎさん)の息子・泰生(白鳥晴都さん)がけがを負った事件に関わりがあると思われる“フードの男”の一部が明らかになった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 亨からの依頼を受け、衆議院議員の鷹野聡史(小澤征悦さん)は泰生の事件を調べる。鷹野は「現場の警官は当初、事件として捜査をし始めたけど、上から圧力がかかったらしい。それと、事件の日の泰生君を覚えていた人がいるらしい」と亨に伝える。

 事件当日の回想シーン。

 バスの中では、泰生の隣に高齢の女性が立っていた、目の前に座っていたフードの男に対して泰生は「あの……譲ってあげたほうがいいんじゃないですか?」と声をかける。しかし、フードの男は舌打ちして、席を譲らなかった。

 場面が戻り、鷹野は「そのおばあちゃんが言うには、帽子の男は泰生君を追いかけるように、降りていったって」と亨に告げた。

 SNSでは「(フードを被った男は)口元が杉野(遥亮)ぼっちゃん……?」「フードの男が誰か分からんけど、総理(高橋克典さん)が事件のこと調べるように言った時、幹事長(岸部一徳さん)は微妙な顔したんよなー」「フードの男は一体誰とつながっているのか。総理なのかな?」とさまざまな推測の声が上がっている。

 ドラマは、愛する家族を傷つけられた亨が知略を巡らし、悪徳政治家の失脚をもくろむ政治エンターテインメント。

テレビ 最新記事