ブラッシュアップライフ:ヤシマ作戦ならぬ“ミタコング救出作戦”にSNS沸騰 塚地武雅の到着に一同拍手(ネタバレあり)

安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」第4話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」第4話の一場面=日本テレビ提供

 女優の安藤サクラさん主演の連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」(日本テレビ系、午後10時半)の第4話が1月29日放送。安藤さん演じる、3度目の人生を送っていた近藤麻美の“ミタコング救出作戦”が話題を呼んだ。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 まさかの人生3周目が始まった麻美(安藤さん)はたくさんの人を楽しませて多くの徳を積もうと日本テレビに入社。ドラマ部に配属されドラマ「花咲舞が黙ってない」のアシスタントプロデューサーとして多忙な日々を送る。

 そんなある日、麻美はふと大事なことを思い出す。今日は、ミタコングこと三田(鈴木浩介さん)が痴漢の冤罪(えんざい)で捕まる日。だが、麻美は東京にいて夜まで仕事だった。

 地元に戻って助けるのは物理的に不可能に思えたが、麻美は三田の妻が妊娠中であることを思いだし、撮影を驚異的に巻かせることを決意。エキストラのNGを防ぐためにあらかじめケアしたり、スタッフにも前もって根回ししたりと、細かいタイムロスを防ぐために奮闘。出演者の塚地武雅(本人)を乗せた車が高速で渋滞に巻き込まれるなどのトラブルに見舞われるも、最終的に3時間巻いて、三田を救うのだった。

 “巻き”のシーンは、「新世紀エヴァンゲリオン」のBGMが流れ、スタッフの名前が明朝体のテロップで出たほか、塚地がスタジオに到着するとスタッフ一同が拍手するなど、同アニメをほうふつさせる小ネタが盛り込まれ、SNSは「ヤシマ作戦かwww」「ヤシマ作戦ならぬミタコング救出作戦」「ヤシマ作戦ならぬマキダ作戦(笑)」などのコメントであふれた。

テレビ 最新記事