SixTONES森本慎太郎:GP帯ドラマ単独初主演 日テレ系“土10”でシャッター商店街のケーキ屋店主に 店と家族を守るため悪事に手を染める

連続ドラマ「街並み照らすヤツら」で主演を務める「SixTONES」の森本慎太郎さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「街並み照らすヤツら」で主演を務める「SixTONES」の森本慎太郎さん=日本テレビ提供

 人気グループ「SixTONES」の森本慎太郎さんが、4月27日から日本テレビ系の「土ドラ10」枠(土曜午後10時)で放送される連続ドラマ「街並み照らすヤツら」で主演を務めることが明らかになった。森本さんがゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)のドラマに単独主演するのは初めて。

ウナギノボリ

 森本さんが演じるのは、シャッター商店街にある潰れかけのケーキ屋「恋の実」の店主で、32歳の竹野正義(たけの・せいぎ)。竹野は両親を早くに亡くし、妻の彩と2人で両親から受け継いだケーキ屋を営んでいる。子供の頃から父親が作るケーキが大好きで、店を継ぐのが将来の夢だった。情に厚く優しいが、周囲や人の意見に流されがちな男という役柄。

 物語は、森本さん演じる竹野が大切な店と家族を守るため、悪事に手を染めてしまうが、予期せぬ展開が待ち受けている。仲間のため、街のために巻き起こす怒涛(どとう)のヒューマンエンターテインメントとなる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画