Destiny:第4話あらすじ公開  “真樹”亀梨和也、“カオリ”田中みな実の車での出来事を語る(第3話ネタバレあり)

連続ドラマ「Destiny」で主演を務める石原さとみさん
1 / 1
連続ドラマ「Destiny」で主演を務める石原さとみさん

 石原さとみさん主演の連続ドラマ「Destiny」(テレビ朝日系、火曜午後9時)の第4話(4月30日放送)のあらすじが公開された。

ウナギノボリ

 祐希(矢本悠馬さん)と知美(宮澤エマさん)夫妻の家で、偶然再会した奏(石原さん)と真樹(亀梨和也さん)。しかし、気まずさから家を飛び出した真樹。奏はかつての恋心に突き動かされるように真樹を追いかけ、12年前のように唇を重ねた。

 翌日、真樹はひとり、確たる居場所がなかった幼い頃に思いを馳(は)せる。3歳の頃、実の母が突然いなくなって以来、人を好きになるのが怖くなった真樹。仕事優先の父・浩一郎(仲村トオルさん)や新しい母に反発し、家を出たい一心で長野の大学に進学。そこで出会ったかけがえのない仲間たち、そして初めて本気で好きになった奏……。ようやく自分の居場所を見つけたはずだった。しかし、仲間の一人であるカオリ(田中みな実さん)の事故を機に、その居場所も消えた。

 一方、恋人の貴志(安藤政信さん)との結婚の話が少しずつ進み始めた奏もまた、真樹との再会に心を揺さぶられていた。奏は「真樹との恋は、過去のことだ」と、自身に言い聞かせるが……。

 そんなある日、横浜地検に真樹がやってくる。そして「あの日のことを話す」と、カオリの車の中で起こったことを語り始める。真樹の告白をきっかけに、20年前の英介(佐々木蔵之介さん)の死と、カオリの事故死の真相が明らかに。過去と真正面から向き合う決意を固めた2人の“禁断の初恋”も動き出す。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画