JKと六法全書:最終章に突入 因縁の“ほくろの男”から弁護依頼!? “強大な黒い闇”も徐々に明らかに 今夜第7話

連続ドラマ「JKと六法全書」第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 5
連続ドラマ「JKと六法全書」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 連続ドラマ「JKと六法全書」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)の第7話が5月31日に放送される。物語は最終章に突入し、主人公の女子高生弁護士・みやび(幸澤沙良さん)の失踪した母も関わっていた「さわやか森林公園談合事件」に絡む“強大な黒い闇”が徐々に明らかになっていく。

ウナギノボリ

 前回第6話で、「さわやか森林公園談合事件」に関連して、公園の土壌汚染を疑ったみやびの母が失踪する1年前に公園の土を調べていたことが判明。また、公園の工事を請け負った会社の背後には広域指定暴力団「大増組」が絡んでおり、さらに大増組は元法務大臣の扇谷(品川徹さん)の事務所に政治資金を提供していた可能性が浮上した。

 母が失踪した理由を知りたいみやびは、ヤメ検(元検事)の弁護士・早見(大東駿介さん)と共に、検察の一ツ橋(小久保寿人さん)に掛け合い、大増組事務所と扇谷の事務所の一斉捜索までこぎ付けた。ところが、その直前に大増組のトップが殺害された上、なぜか一斉捜索もストップがかかってしまう。

 第7話では、大増組のトップを殺害したとして、みやびの母親の失踪に関係があるとみられる“ほくろの男”百目木(生瀬勝久さん)が自首する。そしてあろうことか、みやびに弁護を依頼し、裁判で正当防衛が認められ自由になったら母の話をすると条件を出す。そんな中、みやびのもとに新たな弁護依頼が入る。依頼人は、国立公園の水道水を飲んだ後に死亡した少年の母。そして、国立公園の工事を請け負ったのは、大増組のフロント企業だった……と展開する。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事