燕は戻ってこない:第9回 石橋静河×稲垣吾郎×内田有紀 「子どもは誰のものなのか─」対峙する二人

「ドラマ10『燕は戻ってこない』」第9回の場面カット (C)NHK
1 / 7
「ドラマ10『燕は戻ってこない』」第9回の場面カット (C)NHK

 俳優の石橋静河さん、稲垣吾郎さん、内田有紀さん共演のNHKの連続ドラマ「燕は戻ってこない」(総合、火曜午後10時ほか)の第9回が、6月25日に放送される。りりこ(中村優子さん)の住む広い屋敷で暮らすようになったリキ(石橋さん)は、りりこの叔父のタカシ(いとうせいこうさん)ら同居人たちに支えられ……。

ウナギノボリ

 上京して初めての安らげる生活を手に入れるリキだったが、そこへ悠子(内田有紀)が現れ、予想もしない提案を突きつけられ、困惑する。やがてリキの腹はいよいよ膨らみ、臨月が近づく頃、今度は基(稲垣吾郎)が屋敷にやってくる。

 「プロジェクト」はどうなるのか。対峙(たいじ)する二人だったが……。予告には「子どもは誰のものなのか──」との文字も映し出されている。

 ドラマは、「命は誰のものか」をテーマにし、第57回吉川英治文学賞と第64回毎日芸術賞をダブル受賞した桐野夏生さんの同名小説(集英社)が原作。2023年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「らんまん」の長田育恵さんが脚色し、代理出産を巡る女と男の欲望を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事