Unnamed Memory:テレビアニメ第2期制作 2025年1月スタート 「白紙よりもう一度」

「Unnamed Memory」の第2期のティザービジュアル(C)2022 古宮九時/KADOKAWA/Project Unnamed Memory
1 / 2
「Unnamed Memory」の第2期のティザービジュアル(C)2022 古宮九時/KADOKAWA/Project Unnamed Memory

 電撃の新文芸(KADOKAWA)のライトノベルが原作のテレビアニメ「Unnamed Memory」の第2期が制作され、2025年1月から放送されることが分かった。第1期の最終話となる第12話が、6月25日にTOKYO MXほかで放送され、第2期の制作、放送が発表された。「白紙よりもう一度」というコピーと共に白い服に身を包んだティナーシャが描かれた第2期のティザービジュアルも公開された。

ウナギノボリ

 同作は、古宮九時さん作、chibiさんイラストのライトノベル。絶大な力を操る5人の魔女が、人々にとって畏怖(いふ)の象徴となっていた時代を舞台に、大国ファルサスの王太子・オスカーが、幼い頃に受けた“子孫を残せない呪い”を解呪するため、荒野の塔に住む“青き月の魔女”ティナーシャを訪れる……というストーリー。どんな望みもかなえるという“魔女の塔”の試練を乗り越えたオスカーが望んだのは、ティナーシャを妻として迎えることで、2人の出会いが“魔女の時代”に変革をもたらすことになる。

 テレビアニメ第1期が4月にスタートし、6月25日に最終話を迎えた。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画