注目ドラマ紹介:「クロヒョウ 龍が如く新章」若手注目株に魔裟斗も参戦 人気ゲームを実写化

ゲーム テレビ
ドラマ「クロヒョウ 龍が如く新章」の1シーン (C)SEGA/クロヒョウ製作委員会

 人気アクションゲーム「龍が如く」の新シリーズ「クロヒョウ 龍が如く新章」がMBS、TBS系でドラマ化され、5日深夜1時25分から放送される。夢も希望も持てずに暴力に対する自信だけで生きてきた若者たちが、ある事件をきっかけに、運命に翻弄(ほんろう)されていく姿を描き、主人公・右京龍也役には若手俳優の斎藤工(たくみ)さんを起用。元K-1ファイターの魔裟斗さんや岩城滉一さんも出演、エネルギーのほとばしるアクションドラマだ。

 ドラマは、ゲームの世界観を踏襲したオリジナルストーリー。右京龍也(斎藤さん)の元に春斗(石黒英雄さん)が飛び込んできて、親友の天馬(石田卓也さん)がヤクザの上納金強奪に失敗、事務所に捕らえられていると告げる。春斗とともに事務所に踏み込み、2人を先に逃がした龍也は、若頭の戸田(虎牙光揮さん)と一騎打ちとなり、拳銃を突きつけられ、殴られて意識を失ってしまう。目を覚ますと龍也の前には、血まみれの戸田が倒れていて……。逃げる龍也だったが、九鬼組組長・九鬼(永澤俊矢)に、自分が戸田を撃ち殺した監視カメラの映像を見せられ、戸田殺しを警察にばらされたくなかったら、街の地下施設に存在する賭博格闘技場「ドラゴンヒート」で戦うことを強要される。龍也は“無実の証明”のために、事件の謎を追いながら、ファイターとしての生活が始まる……。

 ほかに、ゲームやドラマのストーリーの軸となる地下格闘場「ドラゴンヒート」も迫力あるセットで再現され、斎藤さんら若手の人気俳優と魔裟斗さんが激しいバトルを繰り広げる。モデルの波瑠さんや、西原亜希さんも出演。主題歌は、ロックバンド「RIZE」の「MUPPET」が起用された。

 ゲームは、巨大な歓楽街・神室町を舞台に元極道の男が活躍する「龍が如く」シリーズの名越稔洋・総合監督が手がけるPSP向けアクション・アドベンチャー。神室町を舞台に、暴力でしか自分自身を信じられない18歳の主人公・右京龍也を中心に繰り広げられる壮大なドラマが描かれ、リアルに再現された神室町では、約100種類のサブストーリーやキャバクラなどのプレースポットも楽しめる。高良健吾さんや黒沢年雄さん、岩城さんも声優を務める。「週刊ヤングマガジン」(講談社)ではマンガも連載中。ドラマは5日から毎週火曜深夜1時25分(TBSの初回は同1時55分)放送予定。(毎日新聞デジタル) 

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る