MANTANWEB(まんたんウェブ)

映画興行成績:櫻井翔効果で「神様のカルテ」が初登場首位

映画
「神様のカルテ」の一場面 (C)2011 「神様のカルテ」製作委員会 (C)2009 夏川草介/小学館

 29日発表された27、28日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、人気グループ「嵐」の櫻井翔さんと女優の宮崎あおいさんが夫婦を演じた「神様のカルテ」が、全国321スクリーンで公開され、約24万人を動員し、興行収入は約3億285万円となり、初登場首位を獲得した。初日のWEBアンケートによると、同映画の客層は男女比7対93と圧倒的に女性が多く、中高生が約半数以上。鑑賞の動機も「櫻井翔が好きだから」という答えが38.4%を占めており、約3ヵ月間110媒体前後の取材を受けるという櫻井さんのPR活動が功を奏した結果となった。

 前回首位の「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」は2位と後退したが、累計では動員600万人を突破し、興行収入も90億円間近となった。その他の続映作品も、6位の「コクリコ坂から」が累計動員300万人を突破、8位の「カーズ2」が同200万人を突破するなど、引き続き好調となっている。

 「神様のカルテ」は、現役医師の夏川草介さんのデビュー小説が原作。小学館文庫小説賞を受賞し、09年8月に単行本が発売されると口コミで評判になり、10年度の本屋大賞では2位に輝いた。美しい自然に囲まれた長野県松本市を舞台に、地方医療の現実に立ち向かう若手医師の成長と個性あふれる家族や友人、周囲の人々と織りなす人間ドラマで、主人公の医師・栗原一止役を櫻井さん、その妻で山岳写真家の榛名(はるな)を宮崎さんが演じる。主人公が住む御嶽荘の住人で絵描きの“男爵”役としてお笑いトリオ「ネプチューン」の原田泰造さん、哲学科の大学生役として俳優の岡田義徳さん、物語の鍵をにぎるがん患者役として女優の加賀まりこさんが登場する。

 そのほかの新作は、ベストセラー作家・浅田次郎さん原作の「日輪の輪」が惜しくも圏外の11位に初登場。太平洋戦争中、帝国陸軍がマッカーサーから奪取した財宝200兆円をめぐって軍の密命を守り抜いた将校と20人の少女たちの祖国復興を願った壮絶なドラマで、「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が堺雅人さん主演で映画化。堺さんは陸軍参謀・真柴少佐を演じ、真柴と共に任務を遂行する小泉中尉を福士誠治さん、望月曹長を中村獅童さん、少女を森迫永依さん、少女が成長した現在の姿を八千草薫さんが演じている。(毎日新聞デジタル)

1位 神様のカルテ

2位 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

3位 カンフー・パンダ2

4位 劇場版ポケットモンスター 2011

5位 劇場版 仮面ライダーオーズ/海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE

6位 コクリコ坂から

7位 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

8位 カーズ2

9位 うさぎドロップ

10位 シャンハイ

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る