MANTANWEB(まんたんウェブ)

ニンゲン観察バラエティ モニタリング:放送スタートから半年でゴールデン進出 ベッキー「うれしい」

テレビ
人気実験番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」の初回収録を行った(下段左から)ベッキーさん、「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一さん、吉田敬さん、(上段左から)「ハリセンボン」の近藤春菜さん、箕輪はるかさん、木下優樹菜さん=TBS提供

 12年10月から深夜で放送された人気実験番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)が、4月からゴールデンタイムに進出することが決まり、このほど初回収録が行われ、収録後に出演者が取材に応じた。深夜時代から、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」とMCを務めるタレントのベッキーさんは、「小さなスタジオで3人でひっそりとやっていたこの番組が、半年でゴールデンに上がるということで、すごくうれしいです!」と大喜び。まさかの状況に遭遇した人たちを“実験観察=モニタリング”する番組ということから、「ブラックマヨネーズ」の吉田敬さんは、「スタッフの人も気合い入ってて、目がキラキラしてるんです。でもちょっと肌質が悪くなってきていて、プレッシャーも感じてはんねんなって」とスタッフを観察した結果を報告し、報道陣を笑わせた。

 番組は、「こんなとき、あなたならどうする?」をコンセプトに、ありそうでないシチュエーションに遭遇してしまった人々をモニタリングする実験観察バラエティー。「もしもお父さんが脱サラしてラーメン屋になると言い出したら?」「もしも隣のお客さんに『一口ちょうだい』と言われたら?」など、ありそうでないが、可能性としてあり得るシチュエーションを用意し、それに遭遇した人がどんな行動に出るのかをこっそり観察する。MCをベッキーさんと「ブラックマヨネーズ」が担当するほか、木下優樹菜さん、笹野高史さん、お笑いコンビ「ハリセンボン」がレギュラー出演する。

 この日の初回収録の感想について、「ハリセンボン」の近藤春菜さんは、「MCのみなさんの輪ができているんじゃないかなと思っていたら、すっと入れるような環境にしていただいた」とMC陣に感謝。一方で、「いろいろいやな経験もさせられました。1回目でこんなことさせるんだ、みたいなこともありましたけど、もう一度頑張ってみようって!」と大げさに語り、笑いを誘っていた。

 深夜時代から“変えたくない部分”を聞かれたベッキーさんは、「アットホームなところ。今日もリラックスしてできた」とにっこり。木下さんも「家にいるみたいだった」とマイペースに語り、「いろんな人間がいるんだなと思った」と収録の感想をしみじみと話していた。

 番組でこれからやってみたいことについて聞かれると、ベッキーさんは「小杉(竜一)さんをフィアンセとして実家に連れて行きたい!」と提案。ベッキーさんの提案に対し、吉田さんは「ホンマは俺でシュミレーションしたいはず。シャイな女だなと」と自信満々にコメント。吉田さんに困惑気味のベッキーさんは、「打ち上げのときに、私がお刺身を(吉田さんに)取ってあげたんですよ。そこから(吉田さんの態度が)変わっちゃって……」と暴露すると、吉田さんは「あの刺身の取り方は異常でした。シャイな女嫌いじゃない」と不敵な笑みを浮かべていた。

 「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」は、25日スタートで、毎週木曜午後8時から放送。初回は2時間スペシャルで、午後7時~同8時49分放送。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る