MANTANWEB(まんたんウェブ)

池井戸潤:「半沢直樹」原作者の小説がドラマ化 主演は杏 4月スタート

テレビ
4月スタートの連続ドラマ「花咲舞が黙っていない(仮)」で主人公の花咲舞を演じる杏さん

 昨年大ヒットしたドラマ「半沢直樹」(TBS系)の原作者・池井戸潤さんの小説「不祥事」「銀行総務特命」が日本テレビ系でドラマ化され、4月から毎週水曜午後10時に放送されることが24日、分かった。仮タイトルは「花咲舞が黙っていない」で、脚本は「ごくせん」「1リットルの涙」などを手がけた江頭美智留さん、演出は「ハケンの品格」「働きマン」の南雲聖一さんらが担当。不正を見て見ぬふりなどできない性格の主人公の銀行員・花咲舞を女優の杏さんが演じる。

 「花咲舞が黙っていない」は、「半沢直樹」の原作となった「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」などで知られる池井戸さんの小説の中で唯一、女性が主人公の作品。現金紛失や情報漏えい、融資トラブルなど毎日どこかの支店で問題が起こる銀行で、不正を見て見ぬふりできず、上下関係や派閥をモノともせずに黙ってはいられない舞が、落ちこぼれのベテラン銀行員・相馬健とコンビを組み、事件や不祥事を解決していく……という内容。

 杏さんは「自分や相手の肩書きや立場を気にせず、みんなが言いたくても言えないことをズバっと遠慮なく言える、正義感を持った強い女性」と役どころを分析し、「ドラマを見ていただいて、みなさまの生活の活力になるように頑張っていきたいと思います」と意欲満々。原作の池井戸さんは「杏さんの花咲舞をとても楽しみにしています。見て楽しく痛快で、勇気をもらえるドラマになるといいですね」とコメントを寄せている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る