月間トルネ番付:生田&小栗“ウロボロス”が首位 2位は「流星ワゴン」 1月ドラマ編

1位となったドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」に出演している(左から)小栗旬さん、広末涼子さん、ムロツヨシさん
1 / 1
1位となったドラマ「ウロボロス この愛こそ、正義。」に出演している(左から)小栗旬さん、広末涼子さん、ムロツヨシさん

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のレコーダー用アプリ「トルネ」の「トル機能」を使い、東京都内で録画された人気番組のランキングを発表するコーナー「月間トルネ番付」。1月(1月5日~2月1日)に放送されたドラマが記録した番組別のトル数の平均値を比較したところ、1位は俳優の生田斗真さんと小栗旬さん共演の「ウロボロス この愛こそ、正義。」(TBS系)だった。

 生田さん演じる刑事の龍崎イクオと、小栗さん演じる暴力団幹部の段野竜哉がタッグを組んで、15年前の事件の真相を追うストーリーの「ウロボロス この愛こそ、正義。」は、第1話で約5600トル、第3話で約6100トルと右肩上がりで、第1~3話で平均して約5900トルを記録した。2位は、西島秀俊さん、香川照之さんが出演する「流星ワゴン」(同)で、週の平均は約5700トル。3位は、真木よう子さん主演の「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)で、週の平均は約4800トルだった。

 4位は、玉木宏さん主演の「残念な夫。」(同)で週平均約4100トル。5位は、人気グループ「SMAP」の草なぎ剛さん主演の連続ドラマ「銭の戦争」(関西テレビ・フジテレビ系)で週平均約4000トルと僅差だった。

◇ドラマ編 1月分

1位 ウロボロス この愛こそ、正義。

2位 流星ワゴン

3位 問題のあるレストラン

4位 残念な夫。

5位 銭の戦争

◇「トルネ」とは

 トルネは、PS4、PS3、PC、PSVitaに対応したレコーダー用アプリ。SCEのサービス「プレイステーションネットワーク」を利用することで、居住する都道府県内のサービス利用者の視聴台数、録画台数を番組別に知ることができる。全国のユニークユーザーの数は平日で約10万人、月で33万人に達する。「トル」は録画数の単位。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る