武田梨奈:女性を好きになるのは「特別な感情ではない」

映画
「ライアの祈り」舞台あいさつに登場した武田梨奈さん

 空手家で女優の武田梨奈さんが13日、東京都内で行われた映画「ライアの祈り」(黒川浩行監督)の初日舞台あいさつに登場。鈴木杏樹さん演じる主人公・桃子に恋をする後輩・桜を演じた武田さんは「最初は、同じ女性を好きになってしまうという設定だったので、特別な感情だから難しいなと思っていたんですが、同姓を好きになることは特別なことじゃない」と考えを改めたといい、「幸せのかたちはないということをすごく感じました」と、新たな芝居の幅に自信をみせた。

 映画は、「津軽百年食堂」を手掛けた作家・森沢明夫さんの小説「ライアの祈り」(小学館)が原作。人生に臆病になっていたひとりの女性が縄文時代に触れ、自身の幸せの形を見出して一歩踏み出していく姿を描く物語。明るく姉御肌だが恋や人生に臆病になっている主人公・桃子を鈴木さん、縄文時代への情熱に燃える誠実で不器用な研究者・クマゴロウ役を宇梶剛士さんが演じている。この日は、武田さん、桃子の母役の藤田弓子さん、縄文人のライア役で今回が映画デビューの水嶋仁美さん、黒川監督、原作者の森沢さんが出席した。

 藤田さんは「自分で言うのもなんですが、日本人はきれいな人たち。日本はすばらしい国なんだと伝えていきたい。初日なのでこれからみなさんに育てていただきたい」とアピール。縄文人の衣装に身を包んだ水嶋さんは「まさかデビュー作で縄文人の役をやるとは思っていなかったので、一生心に残る役になったと思います」と笑顔。会場には、物語の舞台となった青森県八戸市の是川縄文館にある国宝「合掌土偶」の巨大レプリカも登場。「触ると幸せが訪れる」といい、観客は記念撮影を楽しんでいた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る