仮面ライダー:「ゴースト」主演に沖縄出身ジュノンボーイ・西銘駿 最速で抜てき

「仮面ライダーゴースト」に変身する主人公・天空寺タケルを演じる西銘駿さん
1 / 23
「仮面ライダーゴースト」に変身する主人公・天空寺タケルを演じる西銘駿さん

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新作「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)で、“お化け”がモチーフの仮面ライダー「仮面ライダーゴースト」に変身する主人公・天空寺タケルを、昨年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いた沖縄県出身の西銘駿(にしめ・しゅん)さん(17)が演じることが18日、分かった。西銘さんが連続ドラマに主演するのは今回が初めて。同日、東京都内で行われたドラマの制作発表会見で明らかになった。

 西銘さんは、1998年2月20日生まれ、沖縄県うるま市出身。昨年11月に行われた「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では、全国1万3520人の応募者の頂点に立ち、沖縄出身者として初めてグランプリを獲得した。「仮面ライダー」シリーズではこれまで、「仮面ライダー555」の半田健人さん、「仮面ライダーオーズ/OOO」の渡部秀さん、「仮面ライダーウィザード」の白石隼也さん、「仮面ライダー鎧武/ガイム」の佐野岳さんといったジュノンボーイ(コンテストのファイナリスト)が主演を務めてきたが、西銘さんはコンテスト後、1年未満という最速での抜てきとなった。

 「仮面ライダーゴースト」は、平成仮面ライダーシリーズ17作目。異世界の怪人「眼魔(がんま)」の手により一度は命を失ったタケルが、仙人の不思議な力により仮面ライダーになる力を授けられ、「仮面ライダーゴースト」として復活。タケルがこの世にとどまることができる期間は99日で、完全に生き返るため、集めれば願いをかなえられるという「15の偉人」のアイコンを求め、戦いに身を投じていく……という内容。

 「仮面ライダーゴースト」の変身キーアイテムは「目」で、宮本武蔵やアイザック・ニュートン、トーマス・アルバ・エジソンといった歴史上の英雄や偉人と心をシンクロさせてさまざまなフォームチェンジを行い、敵と戦う。脚本は、連続ドラマ「警部補 矢部謙三」シリーズ、「その男、副署長」(ともにテレビ朝日系)などの福田卓郎さんが担当し、監督は諸田敏さんが務め、10月4日から放送される。

 すでに「仮面ライダーゴースト」は、公開中の劇場版「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」のワンシーンに登場しており、この日の会見ではヒロインの月村アカリを大沢ひかるさん、仮面ライダースペクターに変身する深海マコトを山本涼介さん、タケルの兄弟子・御成を柳喬之さん、「眼魂(アイコン)」を集める謎の男と行動をともにする青年・アランを磯村勇斗さん、タケルを生き返らせ、仮面ライダーゴーストとして戦う力を授ける仙人を竹中直人さんが演じることも発表された。

写真を見る全 23 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る