MANTANWEB(まんたんウェブ)

及川光博:朝ドラ初出演に「緊張」 「とと姉ちゃん」でキザな編集者役

テレビ
朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演する及川光博さん

 俳優の及川光博さんが2016年春にスタートする高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」に出演することが15日、分かった。及川さんが朝ドラに出演するのは初めて。及川さんは「朝ドラは初登場ということで、緊張していますが、のびのびと自分らしさ、それと作品の素晴らしさを楽しみつつ、達成感を得られればと思います」と笑顔で意気込みを話した。

 今回は、及川さんに加え、唐沢寿明さん、山口智充さん、伊藤淳史さんの出演が発表されたほか、語りを檀ふみさんが務めることも明かされた。及川さんは、高畑さん演じるヒロイン・小橋常子が入社した出版社のメイン編集者・五反田一郎、唐沢さんは、生活総合誌「あなたの暮らし」の創業メンバーで、常子の人生の「魂のパートナー」となる花山伊佐次、山口さんは出版社社長兼編集長の谷誠治、伊藤さんは常子が立ち上げる雑誌社の創業メンバーで経理担当の水田正平をそれぞれ演じる。

 及川さんは演じる五反田について「(高畑さん演じる)常子さんをサポートしたり、ちょいちょい口説くキザな男を演じます。キザな役回りは不慣れなので。精いっぱい創意工夫して演じたいと思います」と明るい表情を見せた。

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎭子、花森安治らの軌跡をモチーフとしたドラマ。12歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子(高畑さん)が静岡から上京し、女性向けの雑誌を創刊。雑誌は、花山の助けを借りながら、高度経済成長期を生きる女性に支持されていく。「実験刑事トトリ」シリーズ、「怪物くん」「妖怪人間ベム」、アニメ「TIGER&BUNNY」などを手がけた西田征史さんが原作と脚本を担当する。「とと姉ちゃん」は16年4月から放送。全156回を予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る