東宝シンデレラ:大阪府出身15歳の福本莉子さんがグランプリ 憧れは長澤まさみ

芸能
第8回「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリに選ばれた福本莉子さん

 女優の沢口靖子さんや長澤まさみさんらを輩出した第8回「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリ発表会が13日、東京都内で行われ、大阪府出身の高校1年、福本莉子さん(15)がグランプリに選ばれた。名前が呼ばれた瞬間、驚きの表情を見せた福本さんは「すごいびっくりして、言葉に表せないくらいうれしい。グランプリというとてもいい賞をいただけて心からうれしい。これから頑張っていきたい」と喜びを語った。

 「東宝シンデレラ」オーディションは、1984年に東宝の創立50周年の記念イベントとして開催。今回は2011年に開かれた第7回以来、約5年ぶりの開催で、応募総数9508人の中から面接審査などを経て、福本さんがグランプリに選ばれた。福本さんには、同オーディション史上最高額となる賞金300万円が贈られたほか、集英社原作の東宝配給作品での映画デビューが約束されている。

 「どのような女優になりたいか」と聞かれた福本さんは、「いろんな世代に愛されるような女優さん」と答え、「憧れの女優は?」の質問には“先輩”の「長澤まさみさん」と回答。今回の受賞の喜びを「家族」に伝えたいといい、賞金については「まだ考えていない」と苦笑いで答えていた。

 審査員特別賞には柿澤ゆりあさん、鈴木陽菜さん、神谷天音さん、井上音生さんが選ばれ、東宝製作アニメ作品に主題歌アーティストとして参加できるアーティスト賞は崔愛花さんが受賞した。

 発表会には、第7回東宝シンデレラに選ばれた上白石萌歌さん、第7回審査員特別賞の上白石萌音さんと山崎紘菜さんがプレゼンターとして登場した。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る