MANTANWEB(まんたんウェブ)

EXO・カイ:日本の夏祭りを初体験 倉科カナの浴衣姿に「キレイです」

テレビ
カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」のワンシーン

 カイ(EXO)さんが主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」(2018年1月放送予定)の撮影中のメーキングカットが1日、公開された。カイさんが演じるカメラマンのジウォンと、ヒロインの直子(倉科カナさん)とその家族が一緒にお祭りを楽しむというシーンで、倉科さんや古畑星夏さんら女優陣の浴衣姿を見たカイさんは「キレイです」と絶賛していた。

 セットを見て「すごい」とテンションが上がったカイさんは、「大阪、たこ焼き、なんでやねん」というフレーズを繰り返しながら、日本語で「おいしそう。一つください」と、イカ焼き屋台の店員役に話しかけたり、「スーパーボールすくい」をしてみたりと、撮影の合い間も日本のお祭りを疑似体験して楽しんでいた。

 撮影終了後に感想を聞かれたカイさんは「韓国には花火とかはあるけれど、こういう町のお祭りみたいなものはないから、初めての経験で楽しかったです」と話し、「韓国にもこういうお祭りがあってほしい、本当にいいです。女性ときたらホレちゃいそう」とコメントしている。

 「連続ドラマW 春が来た」は、向田邦子の短編「春が来た」が原作。デパートの下着売り場で働く31歳の独身販売員・岸川直子(倉科さん)は、ひょんなことから、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン(カイさん)と出会い、その日をきっかけにジウォンの存在は直子の家族を少しずつ変えていく……というストーリー。うだつの上がらない父・周次を佐野史郎さん、母・須江を高畑淳子さん、可愛げのない妹・順子を古畑さんが演じている。WOWOWのオリジナルドラマで、海外キャストが主演するのは初めて。WOWOWプライムで来年1月に放送予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る