MANTANWEB(まんたんウェブ)

役所広司:15年ぶり連ドラで「毎日がドキドキ」

ブック テレビ
ドラマ「陸王」(TBS系)の舞台あいさつに登場した(左から)山崎賢人さん、役所広司さん、竹内涼真さん

 俳優の役所広司さんが8日、東京都内で開かれた連続ドラマ「陸王」(TBS系、日曜午後9時)の特別試写会後に、共演の山崎賢人さん、竹内涼真さんらとともに舞台あいさつを行った。15年ぶりの連続ドラマ出演になる役所さんは「15年前も台本を持って『連続ドラマは大変だな』と思っていた。今も台本を5冊ぐらい持って歩いている」と苦労を語りながら、「すごく楽しい。毎日がドキドキで、魅力的な人たちばかりなので刺激をもらいながらやっている」と話した。

 ドラマは人気作家・池井戸潤さん原作で、大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などと同じ「日曜劇場」枠での放送。資金繰りに苦しみながらもランニングシューズ開発に乗り出す老舗の足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を演じる役所さんは「これからは(舞台あいさつにいる)このメンバーだけでなく、良いやつも悪いやつもたくさん出てきて、人間臭く演じながら“バトル”が続きます。毎週毎週盛りだくさんで面白いドラマが出来上がっている」と自信を見せた。

 役所さんが演じる紘一の息子・大地役の山崎さんは、自身の役どころについて「最初は(役所さんと)ずっとぶつかりあってるのですが、これからどうなるかなという感じ。ケンカばかりしているんですけれど、役所さんは優しい」と明かし、ドラマについて「改めて良い話だと思う。これから大地も(話にもっと)加わっていくので楽しみ」とアピールした。

 紘一がマラソン足袋「陸王」を開発する際の重要人物となる長距離ランナーの茂木裕人を演じる竹内さんも、ドラマについて「見て本当に感動した。『陸王』に携われていることを誇りに思えた」と語り、マラソンの練習については「大変と思ったことはない。(ロケをした愛知県の)豊橋は、僕たちが想像していた以上にエキストラが集まってくれて気持ちが入った。(その中を)ランニングできたことがすてきだった」と振り返っていた。

 「陸王」は、池井戸潤さんの同名小説(集英社)が原作。資金繰りに苦しむ老舗の足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一が新規事業へ参入、足袋製造の技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズを開発して世界的なスポーツブランドと争う……というストーリー。15日から毎週日曜午後9時に放送される。初回は2時間のスペシャル版。

 舞台あいさつには、紘一の娘・茜役の上白石萌音さん、「こはぜ屋」をバックアップしようとする銀行員役の風間俊介さん、こはぜ屋と対立する大手スポーツブランドの営業部長役のピエール瀧さん、その部下役の小籔千豊さんも出席した。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る