MANTANWEB(まんたんウェブ)

今週のコウノドリ:白川が今後を左右しかねない深刻な事態に 四宮は父が倒れ急きょ地元へ

テレビ
ドラマ「コウノドリ」第8話の場面写真(C)TBS

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が12月1日に放送される。産科医・鴻鳥(こうのとり)サクラ(綾野さん)と共に働く白川(坂口健太郎さん)は、新生児科医として自信を付け始めていた時、自身の判断から深刻な事態が起こるーー。

 ペルソナ総合医療センターで、吸引分娩での出産を控えている妊婦・風間真帆(芦名星さん)に、サクラや小松(吉田羊さん)、白川は寄り添っていた。最近、新生児科医として自信が出てきた白川は、同期の下屋(松岡茉優さん)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。

 しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋さん)は、自信が付き始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。そんな矢先に、白川の今後を左右しかねない、重大な出来事が起こる。

 四宮(星野源さん)は、妹夏実(相楽樹さん)から、実家がある石川県の能登の町で唯一の産科医として働く父(塩見三省さん)が倒れた連絡される。急きょ地元に帰ることになる四宮だが……。

 ドラマは週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウさんの医療マンガが原作。2015年10月期に放送され、鴻鳥サクラを軸に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわる物語が展開された。

 今回の新シリーズは、前作の2年後を舞台に「生まれること、そして生きること」というテーマ。原作のエピソードをベースにオリジナルで取材した題材を加えて描く。前作にも出演した松岡さん、坂口さん、星野さん、大森さん、吉田さんらのほか、佐々木蔵之介さん、松本若菜さんらも出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る