MANTANWEB(まんたんウェブ)

来週のわろてんか:第18週「女興行師てん」 てん、女性目線で新たな漫才作る! リリコに白羽の矢も…

テレビ
NHKの連続テレビ小説「わろてんか」第18週の一場面 (C)NHK

 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説「わろてんか」(総合月~土曜午前8時ほか)は、29日から第18週「女興行師てん」に入る。藤吉(松坂桃李さん)の死後、北村笑店の社長となったてん(葵さん)。伊能(高橋一生さん)に背中を押され、女性ならでは視点で新たな漫才を生み出そうと決意し、女優のリリコ(広瀬アリスさん)に白羽の矢を立てるが……。

 藤吉が亡くなって3年以上が経過し、北村笑店はさらに経営規模を拡大。てんは伊能や風太(濱田岳さん)に支えられ、女興行師として日々奮闘するも、一方で力不足も痛感する。そこでてんは、風太や伊能のやり方とは違う自分ならではの仕事がしたいと、リリコを女流漫才師として売り出そうと決める。トキ(徳永えりさん)や楓(岡本玲さん)、歌子(枝元萌さん)の力を借り、「女性だけの漫才プロジェクト」をスタートさせるが、そんな折、息子の隼也(成田凌さん)が米国から帰国する。

 「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。脚本は吉田智子さん。全151回。

 第17週「ずっと、わろてんか」は、藤吉の母・啄子(鈴木京香さん)が米国から一時帰国。つかの間の家族団らんを楽しむが、藤吉は再び脳卒中で倒れてしまう。何とか一命を取りとめた藤吉は、キース(大野拓朗さん)とアサリ(前野朋哉さん)の新しい万歳(後の漫才)を見届けた後、容体が急変。てんに自分の思いを伝えると、眠るように息を引き取る……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る