土村芳:AKB48横山由依の幼なじみ役でドラマ出演

AKB48の横山由依さん主演の連続ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」に出演する土村芳さん
1 / 9
AKB48の横山由依さん主演の連続ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」に出演する土村芳さん

 2016度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」の君枝役などで知られる女優の土村芳(かほ)さんが、アイドルグループ「AKB48」の横山由依さんが主演を務める連続ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」(関西テレビ)に出演することが28日、明らかになった。主人公・新堂頼子(横山さん)の幼なじみの女性・池上順子を演じる。

 ドラマは、マンガサイト「WEBコミックぜにょん」(コアミックス)で連載中のあさのゆきこさんのマンガが原作。京都のたばこ屋の看板娘で店主の頼子を中心に、京都を訪れる人たちとの交流を描いている。土村さん演じる順子は、頼子の一番の理解者で、京都に転勤してきた雑誌編集者・山田優一(中尾暢樹さん)の頼子に対する気持ちに気づき、2人を温かく見守っている……という役どころ。

 また順子の息子の俊介を子役の岡田篤哉さん(11)が演じることや、ドラマの主題歌が京都出身のバンド「Qyoto」の書き下ろし新曲「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」に決まったことも発表された。

 クランクアップを迎え、横山さんは「連続ドラマ初主演ということで緊張していましたが、皆さんが現場で明るく優しくしてくださったので、無事にやり切ることができました」と充実感をにじませた。また「この撮影の10日間は本当にめちゃめちゃ楽しかったので、これからももっともっと頑張って、もっともっと売れて、また皆さまとお仕事できるように頑張ります!」と誓った。

 土村さんは「あっという間の撮影期間でしたが、すごく楽しかったです」と振り返り、「私が一番年上ではありましたが、後半は自分の年齢を忘れて皆さんと楽しく撮影することができました。この作品は、京都ならではの知識がたくさん組み込まれているので、見るだけで京都通になれるラッキーな作品ですし、優しい時間が流れ、温かい映像に仕上がっていると思います」と自信をのぞかせていた。

 ドラマは全4話。4月24日から毎週火曜深夜1時25分~同1時55分に関西ローカルで放送される。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事