MANTANWEB(まんたんウェブ)

吉田羊:「コールドケース2」撮了に感無量 チームの絆に涙したことも

テレビ
「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」のクランクアップを迎えた吉田羊さん (C)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

 女優の吉田羊さんが主演を務める今秋放送予定のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」がこのほど、クランクアップを迎えた。約4カ月にわたる撮影を終えた主人公・石川百合役の吉田さんは「完走できてホッとしております。(私以外の)4人の最後のシーンを見ていたら本当に終わってしまうんだなという気持ちと、百合さんが孤独ではなくなったんだなとグッときて、ちょっと泣いてしまいました」と感無量の様子だった。

 吉田さんのほか、永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さん、三浦友和さんらレギュラーキャストもクランクアップを迎えた。永山さんは「まったく終わった気がしていません」と語り、シーズン1の時よりも皆に甘えてしまったことへの感謝を伝え、滝藤さんは「シーズン3と映画化、そして海外ロケで皆様とお会いできるのを楽しみにしています」と笑顔でコメント。光石さんは「ホームに帰ってきた感覚で楽しかった」と話し、三浦さんは「ハードなスケジュールではあったが、作品が絶対面白くなると確信しているからこそみんなで乗り切れた」と手応えを語った。

 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」は、未解決殺人事件(通称コールドケース)の真相を解明する捜査チームの活躍を描き、2003~10年に全7シーズンにわたって米CBSで放送されて世界的に大ヒットしたドラマ「コールドケース」を日本版オリジナル設定でドラマ化。シーズン1は16年に放送された。日本版では神奈川県警捜査1課の活躍を描く。チームをひっぱる刑事・石川百合を吉田さん、百合を支える年下の相棒・高木信次郎を永山さんが演じている。チームのムードメーカー立川大輔を滝藤さん、豊富な捜査経験で皆を支える金子徹を光石さん、メンバーから“代理”と呼ばれるボス・本木秀俊を三浦さんが演じている。

 シーズン2は、今秋WOWOWプライムで放送予定。全10話。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る