MANTANWEB(まんたんウェブ)

中村アン:初主演ドラマ「ラブリラン」撮了に涙 古川雄輝、大谷亮平と熱いハグ

テレビ
連続ドラマ「ラブリラン」のクランクアップを迎えた(左から)古川雄輝さん、中村アンさん、大谷亮平さん=読売テレビ提供

 モデルで女優の中村アンさんが連続ドラマ初主演を務める「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)がこのほど、クランクアップを迎えた。この日の撮影には、中村さん、古川雄輝さん、大谷亮平さんらが参加。古川さんと共に最後のシーンの撮影を終えた中村さんは、感極まりながらも笑顔を作り古川さん、大谷さん、監督、プロデューサーと順番に熱い抱擁を交わし、大粒の涙を流した。

 主人公・南さやかを演じた中村さんは、「皆さん、本当にありがとうございました。私は人生で初めての主演ということで、いい経験をさせていただきました。今まで感じたことのない感情と毎日戦いながらの撮影でした。私自身も30歳で、こんな大きなチャンスをいただきまして……。支えてくださっている皆さんの顔を見て、毎日頑張ることができました。こんなにも皆さんを大切に思い、心から感謝したことは初めてだと感じています。古川さん、大谷さん、ありがとうございました。恥ずかしいですが、スタッフの皆さんには、お芝居を基礎的なことからきちんと教えていただき、お金では買えない、かけがえのない時間を過ごせて私の財産になりました」と声を詰まらせながら感謝の思いを語った。

 町田翔平役の古川さんは「お疲れ様でした。あっという間に終わってしまったんですけど、町田としていられるこの期間が楽しくて幸せな時間でした。この作品に出演できて本当に良かったです。ありがとうございました」とあいさつ。

 中村さん、古川さんの一足先にクランクアップを迎えた、鷺沢亮介役の大谷さんは「皆さん、本当にお疲れ様でした。最初から最後まですごく楽しくやらせてもらいました。この現場は僕がロケの時、雨や風、嵐が結構多くて、スタッフによくイジられたんですけど(笑い)、最後はすごい晴れ晴れとした天気で終われて、今は最高の気分です。こんなすてきな作品に関われて幸せでした。ありがとうございました」と笑顔を見せた。

 オールアップ後の会見では、中村さんが初主演について「あまり主演らしい振る舞いができなかったんですけど、毎日、皆さんの存在に支えられました。必死だったので、自分でいっぱいいっぱいになってしまったんですが、一生懸命にこのドラマを作ってくださる皆さんの姿に刺激を受けて頑張った感じですね。皆で作り上げた感じがします」と振り返った。

 クールな言動が多い町田を演じた古川さんは「個人としては、こうしたら見る人を引き付けるだろうなと考えてやりました。多分、このドラマは女性をターゲットにしていると思うので、SNSの反応を見つつ、女性の人が好むもの、キュンとするものを町田に取り入れてみました。キスシーンがいくつかあったらそれぞれに意味合いを持たせました。動作一つによってキスシーンも印象的になっていくので……。少女マンガ作品はいろいろやってきたので、そこで勉強してきたもの、反応が良かったものを詰め合わせ、町田に全部投じました」と役への思いを語った。

 ドラマは、6月7日の放送で最終回を迎える。中村さんは「ここから急展開なので、ぜひ見逃さずに楽しんでもらえたらなと思います」とアピールし、古川さんは「ラストに向けて3人の関係性がヒートアップしていくので、そういうところを注目して見ていただければなと思います」とコメント。また、大谷さんは「意味合いを持った2人の男、さやかは気持ちが揺れながら最後はどっちを選ぶのか……。特に女性の視聴者の方は多分こっちにいくだろうなというのは個人個人いろいろな考えを持っていると思うんですけど、さやかがどういう意味を持って、なぜそっちにいったのかという経緯も最後まで楽しんでもらえたらなと思います」と見どころを語った。

 「ラブリラン」は、女性マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載された天沢アキさんの同名マンガが原作。30歳で“こじらせ女子”の主人公・南さやかが、15年間片思いをしている幼なじみの“ワイルド甘々男子”鷺沢亮介と、記憶喪失中に同棲(どうせい)していた“ドSツンデレ男子”町田翔平との間で揺れ動くラブコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る