ジュラシック・ワールド:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードら来日決定

映画
映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のスペインプレミアに出席したクリス・プラットさん(右)とブライス・ダラス・ハワードさん(C)Universal Pictures

 恐竜が登場する米映画の人気シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、7月13日公開)で主人公を演じたクリス・プラットさんらが来日することが23日、明らかになった。プラットさんのほか、共演のブライス・ダラス・ハワードさん、J・A・バヨナ監督、製作総指揮・脚本のコリン・トレボロウさんが来日し、6月27日に開催されるジャパンプレミアに出席する予定。

 プラットさんは、昨年の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」(ジェームズ・ガン監督)以来2年連続、ハワードさんとトレボロウさんは、2015年の前作「ジュラシック・ワールド」(トレボロウ監督)以来約3年ぶり、バヨナ監督は2008年(日本公開)の「永遠のこどもたち」以来約10年ぶりの来日を果たす。

 現地時間21日には、バヨナ監督の出身地であるスペイン・マドリードの競技場WiZink centerでプレミアイベントが開催された。大雨が降っていたことから、プラットさんは「こんな大雨の中、どこへも行かずに待っていてくれてありがとう!」とジョークを交えつつ、「こんな象徴的な作品シリーズに加わることができて興奮しているよ。25周年という、僕が俳優になる以前からある伝説的な作品を、皆さんに届けることができて、本当に幸せだね!」と笑顔で話していた。

 映画は、前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが戦い、崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島が舞台。島では火山の大噴火の予兆があり、迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸けて救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(プラットさん)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ハワードさん)と共に島に向かうが、火山は大噴火を起こし……というストーリー。前作で監督だったトレボロウさん、スティーブン・スピルバーグさんが製作総指揮を務める。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る