MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐藤健:“ダメ男”役は「憎めないやつ」 「半分、青い。」の律とは真逆? 

テレビ
連続ドラマ「義母と娘のブルース」制作発表に出席した佐藤健さん

 俳優の佐藤健さんが5日、東京都内で行われた女優の綾瀬はるかさんが主演する連続ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の制作発表に出席。放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」では、主人公の幼なじみで容姿端麗、成績優秀の律を演じている佐藤さんだが、今回は、なかなか目標が定まらず転職を繰り返す“ダメ男”の麦田章を演じる。佐藤さんは章役について「自身と似ているところは?」と聞かれると「ないです!」と即答しつつ、「憎めないやつ」とちゃめっ気たっぷりの表情で語った。

 佐藤さん演じる章は「台風の目」のような存在になるといい、第1話ではバイク便の青年として登場。劇中で転職を繰り返す章について、佐藤さんは「どっちかというと、僕は個人的には、あんまり新しいものを始められない。もしやるなら長く続けたい人なので、一歩を踏み出すのが遅いんですが、(章は)何でも後先考えず始めてみるというキャラクター。(自分とは)違うのかな」と説明した。さらに「バカだなーと思うんですけれど、嫌いになれない。一緒にいたら、ちょっと元気になれるようなキャラクター」と気に入っている様子で、「楽しみにしていてください」とアピールしていた。

 「義母と娘のブルース」は、現在は入手困難になっている桜沢鈴さんの“幻の4コママンガ”が原作で、義母と娘の愛と成長を描くハートフル作品。綾瀬さん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公・岩木亜希子が、幼い娘を持つ男性・宮本良一(竹野内豊さん)からプロポーズされて結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走する……というストーリー。10日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。会見には、綾瀬さん、佐藤さんのほか、竹野内さん、横溝菜帆さん、麻生祐未さんも出席した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る