高嶺の花:第6話 石原さとみと峯田和伸の結婚式で悲劇が… 「ふたりの第一章 最終回」

テレビ
連続ドラマ「高嶺の花」第6話の場面写真=日本テレビ提供

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が15日、放送される。「ふたりの第一章 最終回」と銘打ち、月島もも(石原さん)と風間直人(峯田和伸さん)が結婚式を挙げる。だが、結婚式の当日、2人を悲劇が襲うことに……。

 第6話は、自身の出生を知ったももが、月島流の家元になることを決意する。その頃、新興流派の華道家、龍一(千葉雄大さん)は、月島の後継者選びに介入しようとしていた。ももの妹・なな(芳根京子さん)は、父の市松(小日向文世さん)に大ケガを負わせて逃亡中の吉池(三浦貴大さん)を、ももがかばっていることを知る。

 そんな中、ももと直人の婚約パーティーが開催され、商店街の人々は2人を祝福する。ななは、ももについて龍一に相談し、「ももの驚くべき計画」を理解。結婚を止めるために直人に会いにいくが、直人は意外な反応を示す。そして迎えた結婚式で悲劇が……というストーリー。

 ドラマは、「101回目のプロポーズ」などの野島伸司さんが脚本を担当し、石原さん演じる華道の名門の令嬢が、峯田さんが演じる自転車店の店主と“超・格差恋愛”を繰り広げる純愛エンターテインメント作品。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る