RADWIMPS野田洋次郎:山田孝之&菅田将暉W主演「dele」で“サイコメトラー”に

連続ドラマ「dele」第4話にゲスト出演する「RADWIMPS」の野田洋次郎さん=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「dele」第4話にゲスト出演する「RADWIMPS」の野田洋次郎さん=テレビ朝日提供

 ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが、17日放送の連続ドラマ「dele(ディーリー)」(テレビ朝日系)の第4話にゲスト出演する。野田さんは、かつて天才超能力少年として一世を風靡(ふうび)したサイコメトラーの日暮裕司を演じる。野田さんの出演はすでに発表されていたが、10日に放送された3話放送終了後に流れた予告映像で、野田さんの姿が映ると、SNSなどで話題になった。

 野田さん演じる日暮は、25年前に行方不明者の霊視に失敗して猛烈なバッシングを受け、メディアから姿を消した35歳の男で、圭司(山田孝之さん)とその相棒・祐太郎(菅田将暉さん)にPDFファイルの死後削除を依頼する人物。野田さんは日暮の“常人には計り知れない葛藤や孤独”を表現しているという。

 ドラマは、山田さんと菅田さんのダブル主演作。所有者の死後にパソコンやスマートフォンに残されたデータ“デジタル遺品”がテーマ。依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて内密に抹消する仕事をしている坂上圭司と、フリーランスの何でも屋で、ひょんなことから圭司の仕事を手伝うようになる真柴祐太郎を主人公に、デジタル遺品を巡る1話完結型の人間ドラマが描かれる。第4話は17日の午後11時45分に放送(一部地域を除く)。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る