佐々木蔵之介:ドラマ制作発表会で平井堅と“運命の再会” 「服屋で一度お会いして」以来

連続ドラマ「黄昏流星群」制作発表会に出席した佐々木蔵之介さん
1 / 8
連続ドラマ「黄昏流星群」制作発表会に出席した佐々木蔵之介さん

 俳優の佐々木蔵之介さんが30日、東京都内で行われた10月11日スタートの主演ドラマ「黄昏(たそがれ)流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ系、木曜午後10時)の制作発表会に出席。発表会には歌手でドラマの主題歌を担当する平井堅さんがサプライズで登場し、佐々木さんと“運命の再会”を果たした。

 会見ではドラマの内容にちなみ、「理想とする運命の恋のシチュエーション」を聞かれた佐々木さんは、「ドラマを踏襲するわけではないですけど、やっぱり異国の地で会って、もう一度日本で偶然会うって、運命的に感じますね」と話していた。その後、平井さんがサプライズ登場。これまで仕事で会うことはなかったという2人だが、佐々木さんは「実は服屋で一度、お会いしているんですよ。その時は話していなくて」と話すと、司会者も「まさかここで運命の再会が……」と驚いていた。

 発表会には中山美穂さん、「ジャニーズWEST」の藤井流星さん、黒木瞳さんも出席。本作で、恋愛ドラマ初主演を果たした佐々木さんは「僕はヒューマンドラマの主人公だと思っていたけど、恋愛ドラマの主人公と言われ、どうしたらいいのか分からなくなってしまいました」と語っていた。

 ドラマは、弘兼憲史さんの人気マンガ(小学館)が原作で、第1集「不惑の星」をベースに制作。仕事一筋でこつこつと努力を積み上げ支店長まで上り詰めた瀧沢完治(佐々木さん)はある日、理不尽な理由で取引先への出向を命じられる。仕事一辺倒だった自分の人生に疑問を抱いた完治は、雪山のポスターを目にし、単身でスイスに旅行へ。マッターホルンを目指すゴンドラで孤独な独り身の女性・目黒栞(黒木さん)と出会う。一方、完治の妻の真璃子(中山さん)は娘・美咲(石川恋さん)の婚約者の春輝(藤井さん)と禁断の恋に落ちてしまうという……ストーリー。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事