今日から俺は!!:第6話視聴率は9.4% 暴力教師VSツッパリで軟高が大混乱

連続ドラマ「今日から俺は!!」第6話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「今日から俺は!!」第6話の一場面=日本テレビ提供

 西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が18日に放送され、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 ドラマは、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

 第6話では、三橋はとある事情から1週間、教師である椋木(ムロツヨシさん)のしもべになるという男の約束を交わす。別人のように椋木に尽くす三橋に、伊藤や理子(清野菜名さん)ら校内は騒然。椋木は同僚教師からも羨望(せんぼう)のまなざしを受け、優越感に浸る。気の弱い教師・坂本(じろうさん)は、ひょんなことから知り合った元ヤクザの剛田(勝矢さん)に生徒指導専門の実習生の仕事を紹介。剛田は街のツッパリたちを暴力で更生させようとする。軟葉高校にやってきた剛田と三橋の抗争が勃発し大混乱……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画