まんぷく:第63回視聴率21.3%と好調続く 東京進出メンバーに神部ら? さらに切り札…

テレビ
NHK連続テレビ小説「まんぷく」で主演を務める安藤サクラさん

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第63回が12日に放送され、平均視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、依然、好調が続いている。

 「まんぷく」は、99作目の朝ドラで、大阪放送局制作としては42作目。インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家、安藤百福(ももふく)さんとその妻、仁子(まさこ)さんの半生がモデルのドラマ。

 12日の第63回では、「たちばな栄養食品」の東京支社を作ることが決定し、萬平(長谷川博己さん)は、派遣する社員を選別。業務と並行して、夜間学校に通わせてあげようと、戦争中に満足な教育を受けられなかった若手メンバーを抜てきする。神部(瀬戸康史さん)もリーダーとして選ばれるが、タカ(岸井ゆきのさん)と恋仲のため、複雑な心境だった。そんな中、東京進出を成功させる切り札として、世良(桐谷健太さん)が提案したのは……という内容だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る