MANTANWEB(まんたんウェブ)

紅白リハ:5年ぶり復帰の北島三郎 “平成最後”で「皆さんに恩返しを」

テレビ
「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサル後に報道陣の取材に応じた(左から)大江裕さん、北島三郎さん、北山たけしさん

 演歌歌手の北島三郎さんが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。2013年に史上最多の50回出場を達成し、紅白の舞台から離れていたが、今年は「平成最後の紅白」ということで5年ぶりに復帰。「お帰りなさい」と声をかけられると、「ありがとうございます。平成最後なので出させていただきます。昭和、平成と支えていただいた皆さんに感謝の思いを、恩返しを込めて」と話した。

 「やっぱりサブちゃんを紅白で見たい!」という期待の声を受け、番組からのオファーに応えて、特別企画で「まつり」を歌うことになった北島さんは「私の声で良ければ、頑張って声を出したいと思います」と意気込んだ。この日のリハーサルは非公開で、本番の演出について聞かれると、「『何かをやってくれるんじゃないかな』『久しぶりにどうやって出てくるんだ』とか思ってくれる方もいてくれると思います。そのため、動くものを用意しました」と明かし、「いいなって言われるようなものを用意しています。そっちにばかり目をとられて、俺の歌を聴き忘れたっていうのもいいじゃない。楽しみにしていてください」と呼びかけた。

 また、今年は弟子の北山たけしさんと大江裕さんによる特別ユニット「北島兄弟」も特別企画に参加し、「ブラザー」を披露する。北山さんは「師匠とご一緒する幸せを感じながら、紅白を盛り上げたい」、大江さんは「北島先生と紅白というステージに立ちたいという夢がございまして、今年先生と一緒に立てて、夢のような気持ちでいっぱいです」と目に涙をためながらコメント。北島さんは「泣き虫なんですよ。私もそうですよ。息子たちと一緒に特別なコーナーに出させてもらって。久しぶりだなと、良かったなと言われるような歌を歌おうと3人で言っていました」と話していた。

 さらに、「今年は災害が多すぎた。復興で大変な方もいらっしゃいます。そんな意味では元気になってもらいたいな、頑張ってほしいなって。来年こそは今年よりもいい年になってほしいなっていう願いを込めたい」と語った北島さん。2018年については「平成の終わりになりますが、息子(次男の大野誠さん=享年51)が一人旅立ちました。その寂しさは今も残っていますが。『そんなの気にしないで、頑張れや』っていう、息子の声が聞こえてくる気がする。今年は災害があったので、(来年は)そんなの無い、穏やかないい年になればと願う一人です」と話していた。

 「第69回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の広瀬すずさんが担当。総合司会は、2年連続となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の桑子真帆アナウンサーと共に務める。NHK総合ほかで12月31日午後7時15分~同11時45分(途中ニュースで中断あり)に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る