MANTANWEB(まんたんウェブ)

牧瀬里穂:「まんぷく」しのぶは大助・花子の花子がお手本 “突っ込み”に苦戦も…

テレビ
NHK連続テレビ小説「まんぷく」に川上しのぶ役で出演している牧瀬里穂さん (C)NHK

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」に、パーラー白薔薇の店主・川上アキラ(加藤雅也さん)の妻・しのぶ役で出演している牧瀬里穂さん。劇中では、いわゆるステレオタイプの“大阪のおばちゃん”のしのぶとして、夫のアキラと夫婦(めおと)漫才のような会話を繰り広げ、視聴者を楽しませている。「『宮川大助・花子』の花子師匠をしのぶの役柄としてイメージしています」と明かす牧瀬さんに役柄やドラマについて語ってもらった。

 ◇大助・花子の夫婦漫才には“愛”がある? 「私たち夫婦の役もそこに近づきたい」

 宝塚音楽学校の出身だが、タカラジェンヌとしてはあまりふるわなかったという過去を持つしのぶは、アキラに負けず劣らず、コテコテの関西弁の話し手で、2人の言葉の応酬が店の名物に。また福子(安藤さん)の良き理解者で、萬平(長谷川博己さん)の即席ラーメンの開発を支える福子を無条件に応援している。

 劇中では堂々たる演技を披露している牧瀬さんだが、実は今回が初の朝ドラ。出演が決まったときは「『まさか!』という感じで本当に驚きました」といい、今でも「驚き、 喜び、不安……などといったさまざまな感情が、ずっと頭の中をぐるぐると回っています」と話している。

 しのぶという人物への印象は「いわゆるステレオタイプの“大阪のおばちゃん”」。「見ている人にクスッと笑っていただけるような、その場を明るくする人だと思います。福ちゃん(安藤さん)のことが大好きで、にぎやかだけどそっと温かく見守っているような存在でいたいと思っています」と力を込める。

 アキラといつも一緒にいるしのぶ。牧瀬さんがイメージしたのは夫婦漫才で知られる「宮川大助・花子」の花子さんで、「お二人の根底には“愛”があったうえで、突っ込んだりされていますよね。信頼や愛があるからこその“ほほ笑ましさ”だと思うので、私たち夫婦の役もそこに近づきたいと思います」と意気込んでいる。

 ◇愛情がない突っ込みは「ただたたいただけ」? 間によって「面白かったり面白くなかったり…」

 一方で慣れない突っ込みには苦戦。「どうしても、全力でいってしまいそうで」と笑いつつ、「そこに愛情がないままに力を入れてしまうと、ただたたいただけになってしまいますよね。その突っ込みの間(ま)も、0コンマ何秒で、面白かったり面白くなかったり、効いたり効かなかったりという違いが出てきます」といった持論も。

 また、関西出身の加藤さんから「いろいろと教えてもらっています」と明かす牧瀬さん。普段からコミュニケーションで相手の体を触ることがあまりないため、突っ込む際にどこをたたいていいのか分からなかったというが、加藤さんのアドバイスをもらい何とか形にしたという。

 しのぶとアキラの軽妙なやりとりは、今やドラマには欠かせないスパイスとなっているが、牧瀬さんは「アキラさんとしのぶはあまり苦労を知らずに育っているので、感情や性格という意味では、さほど複雑に入り組んだりゆがんだりしているところはないと思います。でも『戦争』を経験して乗り越えたからこその生きる喜びや、人とのつながりのありがたさを感じていると思うので、それは大事にしたいです。ただ能天気なだけではない明るさを表現できればと思います」とも語っていた。

 ◇インスタントラーメン試食に「感動」 今後も萬平&福子を応援

 しのぶとしては「年代を経ていく役柄を演じる経験はなかなかありませんし、これから物語が数年後に飛んだあとも、出番もあるので、今からその衣装も楽しみです」と期待を寄せている牧瀬さん。

 残り2カ月となったドラマは現在、萬平がインスタントラーメン作りに奮闘する日々が描かれているが、「インスタントラーメンを試食するシーンでは『今まさに歴史的な1杯を食べているんだ』と感動しました」としみじみ。

 最後に「日本全国の視聴者の皆さんが福ちゃん夫婦を『頑張れ!』『どうなるんだろう?』って、その先の成功を分かっていたとしても応援されていると思いますが、私も画面の中から、皆さんと一緒にに応援していきたいと思います」と話し、「アキラさんという頼もしいパートナーもいますし、『ハハッ』と笑っていただけるような瞬間が起こるよう、これからも頑張っていきます」と誓っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る