手塚治虫:「直撃!シンソウ坂上」で特集 貴重な映像や5年前に発見された遺品も

テレビ
21日放送の「直撃!シンソウ坂上」で特集される手塚治虫さん (C)フジテレビ

 俳優の坂上忍さんがMCを務めるフジテレビの番組「直撃!シンソウ坂上」(木曜午後9時)。21日の放送では、“マンガの神様”故・手塚治虫さんを特集する。番組では、手塚さんの長女るみ子さんや「デビルマン」「マジンガーZ」などの代表作で知られるマンガ家の永井豪さんといった関係者に取材、「手塚プロダクション」に残る貴重映像などを基に、手塚さんの素顔に迫る。

 手塚さんは、仕事のオファーを断らない性格から全盛期には連載や読み切り合わせて15本もの作品を同時進行し、原稿の締め切りを守れない一面があった。番組では、手塚さんが、布団に寝そべりながら原稿の締め切りを延ばしてもらえるよう電話で交渉する姿をとらえた映像などを公開。テレビアニメ「鉄腕アトム」の主人公アトムをはじめ、多くの手塚アニメで声優を務めた清水マリさんは、アニメ制作の遅れから驚きの方法で声の吹き込んだエピソードを明かす。

 さらに、手塚さんが最後に過ごしたアトリエや、アトリエ内にある約25年間、開けられることのなかったキャビネットから5年前に発見された手塚さんの遺品も紹介する。

 スタジオゲストとして伊集院光さん、真矢ミキさんが出演する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る