ハケン占い師アタル:最終回視聴率は11.3% 番組2位で有終

テレビ
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」主演の杉咲花さん

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の最終回が14日に15分拡大スペシャルで放送され、平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。番組最高の初回視聴率12.1%(同)に次ぐ高視聴率で、有終の美を飾った。

 ドラマは、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当。イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台で、杉咲さん演じる派遣社員のアタルが、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、正社員の悩みを根本から解決していく姿を描く。

 最終話は、占いをやめて、制作Dチームで働くことを決断したアタルが、過労で倒れてしまう。アタルに占ってもらうことができない状況で、アタル発案のイベントが開催される……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る