松坂桃李:せりふ覚えは「焼き肉を焼きながら」 「毎日焼くの?」と共演者も驚き

映画「新聞記者」の完成披露上映会に出席した松坂桃李さん
1 / 12
映画「新聞記者」の完成披露上映会に出席した松坂桃李さん

 女優のシム・ウンギョンさんと俳優の松坂桃李さんが6月4日、東京都内で行われたダブル主演する映画「新聞記者」(藤井道人監督、28日公開)の完成披露上映会に、共演者らと登場した。せりふの覚え方について聞かれた松坂さんは「焼き肉を焼きながらとか」と明かし、共演者から「え、焼き肉?」「毎日焼くの?」と驚きの声が上がった。

 松坂さんは「何かしながら。喫茶店に入ったり。家に帰ってからでも何かしながら自分の中で負荷を与えながら覚えるところがある」と語った。一方、休日は「テレビを観てずっとダラダラとしている。朝のニュース番組からお昼のワイドショー、アニメだったり、夕方のニュース、あとドラマとか。ずっとテレビです」とテレビ漬けだと告白。北村有起哉さんが「休みの日も自分を追い込んだりしないの? そういうイメージだけど」と問うと、「いやあ、解放されたいですね!」とはにかんだ。

 映画は、新聞記者の望月衣塑子さんの著書「新聞記者」(角川新書)が原案で、官邸が主導する大学新設計画の真相に迫ろうとする女性記者と、ひそかにメディアを駆使して都合のよいファクトを作り上げようとする官僚たちとの葛藤を描く社会派サスペンス。新聞記者・吉岡をウンギョンさん、内閣情報調査室所属のエリート官僚・杉原を松坂さんが演じている。

 日本の映画初主演となるウンギョンさんは、日本の映画製作について「韓国と少し違う。日本のインディーズの映画で、2週間で撮影が終わる作品があると聞いて驚いた」と撮影期間の短さにびっくりした様子。「この映画をちゃんと撮れるか悩んだ時期がありましたが自分が持っている集中力を全部出して頑張りました。すごく貴重な経験になった」と振り返った。イベントには高橋和也さん、田中哲司さん、藤井監督も登壇した。

写真を見る全 12 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る