MANTANWEB(まんたんウェブ)

麒麟がくる:20年大河 “ハセヒロ”光秀は熱血漢 「どう変わっていくのか、大きな見どころ」

テレビ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のクランクイン取材会に役衣装で登場した長谷川博己さんら主要キャスト

 2020年に放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のクランクイン取材会が、東京都内のスタジオで6月4日に行われ、主人公・明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さんら主要キャストが出席。前日の3日から撮影をスタートさせた長谷川さんは、「いい緊張感があって、自然と役に入っていける感覚があった」と手応えを明かした。

 取材会には斎藤道三役の本木雅弘さん、道三の娘・帰蝶(濃姫)役の沢尻エリカさん、光秀のおじ・明智光安役の西村まさ彦さん、光秀が京で出会う娘・駒役の門脇麦さん、京に暮らす医師・望月東庵役の堺正章さんもそれぞれ役衣装で出席。

 制作統括・落合将チーフプロデューサー(CP)によると、長谷川さんは3月に放送が終了した同局の連続テレビ小説「まんぷく」での立花萬平役から抜け出すのに「やや時間がかかった」というが、「長谷川さんは割とインテリ、知的な役が多かったと思うんですけど、今回は20歳前後の青年の話なので、熱血漢みたいなところもありますし、ある種、感情移入しやすいキャラクターとして描かれている。若いってことは血気盛んってことですから、熱血漢として出てきて、その青年がどう変わっていくのか、大きな見どころとなります」と力を込めた。

 また、今回は黒澤和子さんデザインによる役衣装も見どころで、取材会では長谷川さんの鮮やかな水色の衣装も目を引いた。落合CPは「風水的な色味を(採り入れた)。水とか木とか金とかを、黒澤さんら衣装チームが意識して色分けをした。水は火に勝ったりとか、対立構造を意識しながら色分けをしたようです」と説明していた。

 「麒麟がくる」は、安土桃山時代の武将・明智光秀が主人公。1991年放送の「太平記」を手がけた池端俊策さんによるオリジナルで、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命を懸け、愛を懸けて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」になる。

 私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写。また、革新的な「魔王」のイメージが強い光秀の主君・信長についても、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調し、父の信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描く。さらに親子2代で美濃を乗っ取ったという説に基づく斎藤道三、反織田勢力を自由自在に操り、室町幕府の再興をなそうとする権謀術数に長(た)けた第15代将軍足利義昭や、若く野心にあふれる細川藤孝、松永久秀、今川義元など、ひと癖もふた癖もある群雄たちが、戦国時代を舞台に、縦横無尽に活躍する内容になるという。

 大河ドラマは現在「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が放送中で、「麒麟がくる」は2020年1月スタートを予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る