MANTANWEB(まんたんウェブ)

いだてん:“人見絹枝”菅原小春の涙の懇願&激走に「鳥肌」「号泣」「感動」 最後は衝撃ナレ…

テレビ
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第26回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第26回「明日なき暴走」が7月7日に放送された。同回の“主人公”となったのは、日本人女性初のオリンピック選手・人見絹枝(菅原小春さん)。女子陸上が正式種目になったアムステルダム五輪に出場した絹枝の、苦悩や葛藤、喜びが描かれ、視聴者の感動を呼んだ。

 岡山の女学校で始めたテニスで圧倒的な強さを誇り、陸上競技でも抜群の身体能力で世界記録を次々と塗り替えた絹枝は、初の日本人女子選手としてアムステルダム五輪に出場するも、プレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗してしまう。

 このままでは日本の女子選手の夢や未来が絶たれてしまうと、絹枝は未経験の800メートルへの挑戦を決意。ロッカールームで「男は負けても帰れるでしょう。でも女は帰れません。負けたらやっぱり女はダメだ。男のまねして走っても役に立たないと笑われます」と思いをぶちまけ、「お願いします。やらせてください」と出走を直訴。本番では激走を見せ、見事に銀メダルを獲得する……という展開だった。

 SNSには「この女優さん知らなかったんだけどすごい女優さん」「見入ってまう。さぶいぼ出てきた」「ほんとにお芝居初めてなの? すごいよ、この感情表現」「菅原小春さんの気迫ある演技に、テレビの前で鳥肌」「小春さんすごすぎて涙。人見絹枝さんが歴史の人じゃなく、身近に感じられる」と、演技初挑戦となった菅原さんの涙の懇願に心揺さぶられる視聴者の声がみられた。

 さらに絹枝が800メートルを2位でゴールし、銀メダルが決まると、「もう号泣なんですけど!」「結果が分かっているのに感動してる」「涙腺決壊回だった」「人見絹枝さんの偉業に、そして菅原小春さんの演技に涙が止まらない」「人見絹枝さんの神回。菅原千春さんの演技に大感動」といった声が続々と上がった。

 また同回は「3年後、人見絹枝は24歳の若さでこの世を去ります」とのナレーションで締めくくられ、「ラストの一言……」「えーーー! そんな……」「なんでや……」「衝撃のナレーション」「史実は残酷だ……」といた反応も多かった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る