MANTANWEB(まんたんウェブ)

桜井ユキ:“アイドル”白石聖にロックオン 「一目ぼれ」「初恋のよう」

テレビ
NHKの「よるドラ『だから私は推しました』」の試写会に出席した(左から)白石聖さん、桜井ユキさん、澤部佑さん

 女優の桜井ユキさんと白石聖さんが7月11日、東京・渋谷のNHKで行われた、7月27日スタートの同局の連続ドラマ「だから私は推しました」の試写会に出席。地下アイドルを追いかけて全てを失った主人公・遠藤愛を演じている桜井さんは、“推し”の地下アイドル・栗本ハナ役の白石さんについて、「ハナちゃんが衣装を着て、ステージに登場してきたときの、なんとも言えない感情は一目ぼれのよう。本当にロックオンされた。本当に可愛かった」と明かし、白石さんを照れさせた。

 さらに桜井ユキさんは、第2話で愛とハナが夜の公園で会話を交わすシーンを振り返り、「そこの絶妙な距離感が初恋のよう。近づきたいけど、近づけない。私にとっても、すごくすてきな感情の経験だな」と振り返っていた。試写会にはお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さんも出席した。

 ドラマは、NHK「よるドラ」枠(総合、土曜午後11時半)の第3弾。テーマは「地下アイドル×女オタ」で、連続ドラマ「JIN-仁-」「天皇の料理番」(共にTBS系)やNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」などで知られる森下佳子さんのオリジナル脚本。澤部さんは刑事・聖護院実役で出演。松田るかさん、田中珠里さん、松川星(あかり)さん、天木じゅんさんも地下アイドルメンバーとして登場する。

 主人公・遠藤愛は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見えを張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路間近の女性会社員。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。あまりの下手さにいら立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていく。

 だが、それこそが「オタク沼」の始まりで、“キラキラOL”を装う日々から離れ、ズブズブと沼にハマっていく愛。しかし、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る