MANTANWEB(まんたんウェブ)

ノーサイド・ゲーム:大泉洋“君嶋”&大谷亮平“柴門”に視聴者「男くさくてしびれた」「鳥肌」

テレビ
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演している大泉洋さん(左)と大谷亮平さん

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日に放送された。同話で描かれた、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーに就任した主人公・君嶋隼人(大泉さん)と同チームの監督就任を打診された柴門琢磨(大谷亮平さん)の姿に、SNSでは「男くさくてしびれた」「鳥肌立ったわ」「2人の友情がすてきすぎ」などといった声が上がり、盛り上がりを見せた。

 ドラマは、「半沢直樹シリーズ」「陸王」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務することになった君嶋が自身とチームの再起に挑む姿を描いている。

 同話では、「アストロズ」の次期監督の人選に悩む君嶋が、卒業した大学が一緒で、城南大学の監督を退任したばかりの柴門を監督に迎え入れようと画策。君嶋は柴門に電話で打診するも、断られてしまう。実は、過去に「アストロズ」が柴門に監督就任をオファーしたがその後断っていたということが発覚する。君嶋は誠心誠意を込めた謝罪の手紙を柴門に送り、君嶋の熱意に打たれた柴門は……という展開。視聴者からは「今後の展開にワクワク!」「興奮が冷めない」といったコメントも書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る