ボイス 110緊急指令室:第7話 事件の謎がつながり始める

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」第7話の場面写真 =日本テレビ提供
1 / 7
連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」第7話の場面写真 =日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第7話が8月31日放送される。前回、真犯人“カチカチ野郎”が本郷雫(伊勢谷友介さん)だったと判明。これまでの事件の謎がつながり始める。

 沖原(木村祐一さん)が変わり果てた姿で発見され、一連の事件に真犯人がいると気付いた樋口(唐沢さん)とひかり(真木よう子さん)。樋口の妻・未希(菊池桃子さん)が殺された時の犯人の「調子に乗るからだ」という言葉を手がかりに捜査を進めると、未希と真犯人の接点にたどり着く。

 そんな中、人質を道連れに屋上から飛び降りようとしている男・高木から「ECU」に通報が入る。会社の人間が説得しようと高木に近付くが、その様子に、現場の樋口と緊急指令室のひかりは違和感を感じる……。

 ドラマは、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に特設された独自捜査ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える凄腕(すごうで)刑事・樋口彰吾と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりらの活躍を描く。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事