MANTANWEB(まんたんウェブ)

戸田恵梨香:広瀬すずから人物画を贈られ「『なつぞら』の世界観に喜美子が入ってると思ったら感極まります」

テレビ
NHK連続テレビ小説「なつぞら」と「スカーレット」のバトンタッチセレモニーに出席した戸田恵梨香さん(左)と広瀬すずさん

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)のヒロインバトンタッチセレモニーが9月17日、大阪の同局で行われ、放送中の「なつぞら」主演の広瀬すずさんと、9月30日スタートの「スカーレット」主演の戸田恵梨香さんが出席した。

 恒例のヒロイン同士のプレゼント交換で、戸田さんは今作のために習得した陶芸の技術を生かして、手作りの信楽焼きマグカップをプレゼント。「(撮影が)始まって半年ぐらいたってるんですけど、(広瀬さんが)大変だったんだろうなと予想できました。ゆっくり休んでください」という言葉をかけると、広瀬さんは「撮影がある中でお忙しいのに、すごくうれしい。大切にします」と感謝の言葉を述べた。さらにカップの底に「すず」と彫られているのを見て「うれしいー!」と歓声を上げた。

 一方、広瀬さんからは、「なつぞら」のアニメ製作・指導を担当する刈谷仁美さんが描いた、「スカーレット」のヒロイン、喜美子のオリジナル人物画が送られた。これを見た戸田さんは「『なつぞら』の世界観に喜美子が入ってると思ったら、何か感極まります」と大いに感激。そして広瀬さんは「前回のバトンタッチで、(『まんぷく』の)安藤サクラさんから『ヒロインにしか分からない気持ちがある』と言われて、それは痛感しました。ずっと(一つの役を)演じるって難しいなと思うので、ぜひ頑張ってください」と、エールを送った。

 戸田さんは「スカーレット」という作品について「喜美子が陶芸に出会い、女性陶芸家として力強く生きていく中で、たくさんの出会いと別れがあります。たくさん苦しみながら、それでも前向きに明るく生きていく、働く女性の物語です」と説明。さらに視聴者に向けて「泥臭くて、みんなが汗水垂らしながら懸命に頑張ってる姿を、笑いながら見ていただけたらなと思います。もう少し待っていただきたいです」とメッセージを送った。

 「なつぞら」は、NHK連続テレビ小説の第100作目となる作品。北海道の酪農一家に引き取られた戦争孤児・なつが、やがてアニメーションの世界に目覚め、大自然の中で磨いた感性を生かしながら、多くのアニメ作品を生み出していく……というストーリー。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラで大阪放送局制作としては43作目。陶芸の世界に飛び込んだヒロイン、川原喜美子が、さまざまな困難に見舞われながらも陶芸家として成長していく姿を、明るいタッチで描いていく。2019年9月30日~2020年3月28日に全150回を放送予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る