MANTANWEB(まんたんウェブ)

なつぞら:劇中アニメを振り返り! 「白蛇姫」「わんぱく牛若丸」…

アニメ テレビ
「なつぞら」の劇中アニメ「白蛇姫」の白娘=NHK提供

 女優の広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」は9月28日に最終回を迎える。ヒロイン・なつ(広瀬さん)の物語も残りわずかとなったが、ここでは劇中で産み落とされた数々のアニメーション作品(漫画映画)を紹介する。まずは、日本初の総天然色長編漫画映画として制作された「白蛇姫」、同第2弾となった「わんぱく牛若丸」……。

 「白蛇姫」は、なつが入社した東洋動画が日本初の総天然色長編漫画映画として制作し、1957年に公開された。原画を仲(井浦新さん)と井戸原(小手伸也さん)、動画を下山(川島明さん)と麻子(貫地谷しほりさん)が担当し、活動弁士として活躍してきた豊富遊声(山寺宏一さん)と女優の亀山蘭子(鈴木杏樹さん)が声で出演。なつは当時、東洋動画の仕上課で働いていて、桃代(伊原六花さん)らと共にセル画に色を塗る作業で作品に関わった。

 一方、「わんぱく牛若丸」は総天然色長編漫画映画の第2弾として、1958年に公開。東洋動画が企画・制作し、演出の露木(木下ほうかさん)を含め、「白蛇姫」メンバーがスタッフに名を連ねたが、作画課に加わったなつも、同作で動画を担当し、アニメーターとして第一歩を踏み出した。また、なつと、のちになつの夫となる坂場(中川大志さん)との出会いのきっかけとなった作品だ。

 ポスターに記載されたキャッチコピーは「駆けろ!牛若丸!誰よりも早く!」で、劇中で放送された際には、牛若丸の声を人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」のモンキー・D・ルフィ役などで知られる声優の田中真弓さんが担当。ファンを大いに喜ばせた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る