杉咲花:映画「楽園」の撮影は「トラウマのような時間だった」

ブック 映画
映画「楽園」の初日舞台あいさつに登場した杉咲花さん

 女優の杉咲花さんが10月18日、東京都内で行われた映画「楽園」(瀬々敬久監督)の初日舞台あいさつに登場。同作は「悪人」「怒り」などで知られる吉田修一さんの小説「犯罪小説集」(KADOKAWA)が原作で、少女が失踪した事件が題材。事件直前まで少女・愛華と一緒にいた湯川紡(つむぎ)を演じた杉咲さんは、撮影の感想を聞かれると「撮影していたときは苦しかった。(当時が)走馬灯のようによみがえってきた。自分の中でもトラウマのような時間でした」と振り返った。

 「楽園」は、ある地方都市のY字路で、愛華の誘拐事件が発生。それをきっかけに、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、孤独な男性・豪士(綾野剛さん)と出会う。12年後、同じY字路で再び少女が姿を消して、事態は急変。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎(佐藤浩市さん)は、ある行き違いから周辺住民の非難を受け、孤立を深めていた。次第に善次郎の正気は失われ、誰も想像がつかなかった事件に発展する……という展開。

 初日舞台あいさつには、杉咲さんのほか、主演の綾野さん、共演の村上虹郎さん、佐藤さん、劇中曲「愛華」を作曲したピアニストのユップ・ベヴィンさん、瀬々監督も出席した。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る