おちょやん:来秋朝ドラは「半沢直樹」脚本家 早くも戦々恐々「一言で言うと恐怖」 重圧も明かす

テレビ
2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロイン杉咲花さんと脚本家の八津弘幸さん(左)

 2020年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)が、女優の杉咲花さん主演の「おちょやん」に決まったことが10月30日、発表された。同日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた会見に出席した脚本家の八津弘幸さんは、執筆にあたり「一言でいうと恐怖。恐ろしい。プレッシャーに毎日、押しつぶれそうになりながら書いている」と早くも重圧を明かした。

 103作目の連続テレビ小説となる「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしている。浪花さんは戦前、「松竹新喜劇」の前身である「松竹家庭劇」に参加し、二代目の渋谷天外さんと結婚。喜劇女優としての道を歩んだ人物。戦後、「松竹新喜劇」に参加。離婚後、一時女優をやめるが、NHK大阪のラジオドラマで復活。その後、「大阪のお母さん」として映画やテレビで活躍した。今回のドラマでは実在の人物をモデルにするが、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く。

 杉咲さん扮(ふん)する主人公の千代は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれ、9歳で道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。多くの芝居小屋が立ち並ぶ街で、華やかな芝居の世界に魅せられた千代は、自らも女優を目指すようになる。そして喜劇界のプリンス、天海天海(あまみ・てんかい)と出会い、妻になるとともに喜劇女優としても花開いていくが、戦争などの不幸が重なって女優を一時引退。しかしあるラジオドラマをきっかけに奇跡の復活を遂げる……というストーリー。2020年秋から放送。クランクインは同年4月を予定している。

 八津さんはTBS系の大ヒットドラマ「半沢直樹」(2013年)をはじめ、「下町ロケット」(2015年)や「陸王」(2017年)などで知られる。「おちょやん」について、「一人の喜劇女優の一代記。王道中の王道」としながらも、「いい意味でこれまでの朝ドラとは違う、進化した朝ドラを皆さんにお届けできたらと思います」と力を込めた。さらに「それはもしかしたら空振りかホームランってことになるかもしれないんですけど、そこは楽しみにしてもらえたら」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る