連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~:ビズリーチとのタイアップイベント 30人のヘッドハンターが集結

テレビ
連続ドラマ「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」のタイアップイベントの様子

 女優の松下奈緒さんが主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 引き抜き屋 ~ヘッドハンターの流儀~」と会員制転職サイト「ビズリーチ」とのタイアップイベントが11月12日、東京都内で開催された。ビズリーチに登録している約30人のヘッドハンターが限定試写会に招待され、本編上映後にVRPパートナーズの大谷幸宏さん、WOWOWドラマ制作部の村松亜樹プロデューサーとのトークショーを観覧した。

 今作の監修を務めた大谷さんは「ヘッドハンターというと、グレーなイメージを抱かれがちですが、ドラマではヘッドハンター側の視点で実務の裏側や人々の苦悩を描いているので、業界のイメージが変わると思います。ヘッドハンターという仕事に親しみを持っていただき、業界への認知度も高まればうれしい」と期待を込めると、村松プロデューサーは「ヘッドハンターというと、影武者のような存在をイメージしがちだけれど、実際は一つ一つの案件に人間ドラマがあり、人と人を結びつける仕事をされている。素晴らしい職業だと思った」と語った。

 ドラマは、雫井脩介さんの小説「引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険」「引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還」(PHP研究所)が原作。父が創業したアウトドア用品メーカー「フォーン」を追い出された主人公・鹿子小穂(松下さん)が、ヘッドハンターの会社「フォルテフロース」に入る……というストーリー。WOWOWプライムで11月16日から毎週土曜午後10時に放送。全5話で、第1話は無料放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る