おっさんずラブ-in the sky-:第5話「俺じゃダメか」 シノさんの過去が明らかに 「全員一方通行の恋」の行方は

テレビ
連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」第5話の場面写真=テレビ朝日提供

 俳優の田中圭さん主演の連続ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第5話「俺じゃダメか」が11月30日放送される。天空ピーチエアラインを訪ねてきた少年は、整備士・四宮要(戸次重幸さん)の息子。親子を対面させようとする春田創一(田中さん)だが、四宮は「俺には父親を名乗る資格はない」と話をそらす。

 そんな中、小学生が航空会社の職場を学ぶ体験学習期間がスタート。春田は、副操縦士・成瀬竜(千葉雄大さん)や、整備士・道端寛太(鈴鹿央士さん)らと共に、小学生の授業を担当する。

 泣く泣く春田への恋心を諦めようとした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎さん)は、
娘・緋夏(佐津川愛美さん)の恋をアシストすると決意。春田とデートした緋夏は、春田が他の人のことばかり話すことに気付く。「全員一方通行の恋」の行方は……。

 「おっさんずラブ-in the sky-」は、35歳でリストラされ、転職して航空会社で働くことになった、モテないポンコツ独身男の春田に、突然のモテ期がやってくる。「グレートキャプテン」と呼ばれ、技術、人柄共に優れたパイロットの黒澤が、一生懸命お客様のために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり恋してしまう……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る