ミルドレッドの魔女学校:人気の海外“魔法”ドラマNHK・Eテレで放送 主人公の声に鈴木梨央を起用

テレビ
海外ドラマ「ミルドレッドの魔女学校」の主人公の声を担当する鈴木梨央さん

 英国で人気の児童文学書を実写化した海外ドラマ「ミルドレッドの魔女学校」が、NHK・Eテレで2020年1月10日からスタートすることが分かった。主人公のミルドレッド(ベラ・ラムジーさん)の声は子役出身の女優で声優の鈴木梨央さんが務める。

 「ミルドレッドの魔女学校」は、「ハリー・ポッター」シリーズより歴史が古く、長く愛されてきた“魔法”シリーズで、ひょんなことから魔女学校に入学したミルドレッドの冒険ファンタジーだ。感性豊かな少女ミルドレッドが、なりゆきで魔女学校の入学試験を受けたところ、なんと合格する。果たして、魔法を習得し、立派な魔女になれるのか……というストーリー。

 鈴木さんは「ドラマの登場人物が『クラスにこんな子いるよね~』という感じで、みな個性的です。ミルドレッドがどんな学園生活を送ることになるのか、私も展開が楽しみです。ちなみに、もし私が魔法を使えたら、透明マントを使っていろんなところに行きたいです!」とコメントしている。

 ドラマは2020年1月10日から毎週金曜午後7時25分に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る